人類はねずみのユートピアにおける絶滅と同じ道を辿るのか

目次

ユニバース25

動物行動学者のジョン・B・カルフーンによるUNIVERSE25(ユニバース25)という衝撃的な実験をご存知でしょうか。
餌も水も豊富、天敵もいない広い空間、言わばねずみにとっての楽園を作った場合、ねずみは最終的にどうなるかという実験で、異なる規模で25回も実験しても全て以下のような経緯で同じ結果となったそうです。

  • 最初はオスメス4匹づつで実験開始
  • 楽園なので順調に繁殖
  • ねずみが暮らす空間にはまだ余裕があるのに出生率が低下
  • ねずみ同士の権力闘争が発生し格差社会が生まれる
  • 少数の強いねずみの空間と、多数の弱いねずみの空間に分かれる
  • 多数の弱いねずみは1匹でいるのが不安なのか多数で行動を共にする
  • 弱い集団の中のオスは性別を問わず強姦をし始める
  • 弱い集団の中のメスは子育てができなくなる
  • 弱い集団の中の一部はひきこもりとなり、他者との交流がなくなる
  • 交配しないので出生率が低下、子育てしないので死亡率上昇
  • そういう親世代の次の世代は子孫繁栄に興味がなくなる
  • 社会との関わりもないので暴力や略奪をするようになる
  • 最後のオスが死亡
  • やがて絶滅

人類は今、どの段階でしょうか。

参考サイト

ICHI.PROさん

Naokiman 2nd Channel さん

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる