監視カメラを家の外壁に取り付ける方法(素人解決編)

  • URLをコピーしました!

Ctronics の監視カメラ CTIPC-380C の設定から取付けシリーズ最終回。前回記事でぶら下がったケーブルの処理に難儀してましたが、結局、壁に箱を付ける方法で解決しました。

前回記事はこちら

Ctronics CTIPC-380C のWiFi設定方法(無線LAN編)はこちら

Ctronics CTIPC-380C のWiFi設定方法(有線LAN編)はこちら

目次

箱の取り付け

前回まではこのような状態でした。

結局の所、壁に箱を取り付けて、ぶら下がったごちゃごちゃを格納する手しか残されてなかったので、近くのホームセンターでこんな箱を買ってきました。1個250円でした。

ケーブルのごちゃごちゃ部分を箱にうまいこと押し込んで、強力両面テープで箱を壁に貼り付けます。

箱のフタを閉めて

電源ケーブルをモールで隠します。一応、サイディングの継ぎ目を隠すように貼ってます。

まぁ素人工事にしては上々。ということにしときましょう。

まとめ

ケーブルの処理に困るのはこのカメラに限った話ではないと思うので、防犯カメラとしては CtronicsのCTIPC-380Cは、屋外対応、Wi-Fi接続、パン、チルト、夜間カラー撮影、赤外線暗視撮影、動体検知、自動追跡、LEDライト、双方向音声通話、フルHD録画、遠隔操作機能、など、監視カメラの基本的な機能は全て搭載して1万円以下の価格帯なのでお買い得です。防犯カメラの入門機器として最適な機種だと思います。買って損なし。おすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる