少量の水で食品等を温められる防災グッズ 加熱袋と発熱剤セット

  • URLをコピーしました!

もう今はないのかな?崎陽軒の「ジェットボックス」シウマイ弁当の様に、紐を引っ張ると蒸気が発生して温められる加熱式弁当。それと同様の仕組みで、少量の水があれば食品等を温められる加熱袋と発熱剤のセット、モーリアンヒートパック加熱セットをご紹介します。
キャンプや釣りなどのアウトドアで、災害時の備蓄用防災グッズとして、とても便利だと思います。

目次

セットに入っているもの

加熱袋。ここに発熱剤と食品と水を入れて加熱します。

発熱剤。これを水につけると発熱します。

説明書。イラスト付きでわかりやすいです。

加熱袋の裏にも使用方法が書いてあります。

モーリアンヒートパックの使い方

加熱袋の底を広げ、立てておきます。

発熱剤の袋を開け、発熱剤を取り出します。この発熱剤は水に濡れるとすぐに発熱するので水気厳禁です。
発熱剤の袋はあとで水の計量カップとして使うので、開封する際は切り口に沿って開けてください。

発熱剤を加熱袋の底に平らに置きます。

温める食材等を加熱袋に入れます。今回はさば缶と缶コーヒーと500mlの水のペットをセットしました。

発熱剤の袋の内側の「水量ライン」まで水を入れて、加熱袋に注ぎます。

水を入れたらすぐに発熱するので、加熱袋のチャックを閉じます。
チャックを閉じる理由としては、水の蒸発防止と、熱気を閉じ込めて袋の上部まで加熱するためでしょう。

加熱している様子です。

加熱した結果

加熱した結果、さば缶と缶コーヒーは素手では持てない程に加熱されていました。
ペットボトルの水は空気が膨張して底が膨らむ程です。事前に空気を抜いておいた方がいいようです。
説明書によると、ペットボトルの水は約80℃になるようなので、カップラーメンやチキンラーメンなどに十分使える熱さになりました。

ちなみに、計量カップにした発熱剤の袋は開くとこんなんです。

冬場の防災グッズとして活躍が期待できるので、備蓄用に確保したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる