iOS15正式リリース 足切り機種なし、集中モード対応、他

日本時間の2021年9月21日午前2時、iOS15が正式リリースされました。
iOS15で見捨てられた機種はないようです。
気になる変更点は。

目次

iOS 14.xのままセキュリティアップデート可能

これまではiOSをアップデートしないと、セキュリティアップデートが受けられないという仕組みでしたが、iOS15にアップデートしなくても。iOS 14.xのままセキュリティアップデート を受けることができます。
リリース直後はトラブルも多そうなので、急いでアップデートしたくない。でもセキュリティアップデートは受けたいという、ユーザーの要望を受けた地味だけど大切な機能ですね。

FaceTime大幅機能強化

FaceTimeアプリは使い勝手がよくなくて、ほとんど使わないアプリでしたが、iOS15で大幅に機能強化されました。
動画や音楽を同時に見れたり、雑音を遮断したり、ポートレートモード、空間オーディオにより、FaceTime通話で画面上のそれぞれの人の位置から人の声が聞こえるようになりました。

集中モード対応

集中モードは、今している作業に合わせて自動的に通知をフィルタリングする機能です。連絡先に集中モードで通知がオフになっていることを知らせる機能もあります。

マップ強化

3D地球儀に、山岳地帯、砂漠、森林、海などの拡充した詳細情報を表示可、交通情報や事故などの詳細が強調表示されたり、出発時刻または到着時刻を選択して移動経路を確認できる経路プランナーなどが追加されました。

Safari強化

音声検索により、自分の声でWeb検索が可能となりました。

他にも

メッセージとミー文字、通知、ウォレット、テキスト認識、Spotlight、写真、ヘルスケア、天気、Siri、メール、プライバシー、iCloud+、アクセシビリティ、カメラ、などなど、色々と強化されてます。

でもすぐにアップデートすると様々な障害で悩まされますので、しばらく様子見して安定したころにアップデートするのが良いと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる