iCloudの写真をダウンロードするとpngの時がある理由

iCloudの写真をダウンロードするとPNGファイルでダウンロードされる時があります。それはたぶん変な操作しちゃって「あれ?いつもと違う画面やけど選択したファイルをダウンロードする画面やしまぁええか」なんて思った時だと思います。

iCloudの写真はダウンロードするファイル形式を選択できる

iCloudの写真はダウンロードするファイル形式を「未編集のオリジナル」か「互換性優先」かを選択できます。
やり方は以下の通りです。
https://www.icloud.com/ で「写真」をクリック
・ダウンロードしたい写真を選択
・画面右上にあるダウンロードアイコンを長押しする

すると、以下のような画面が表示されるので、「未編集のオリジナル」か「互換性優先」かを選択し、「ダウンロード」をクリックします。

iPhoneのスクリーンショットはオリジナルがPNGで保存されているので、「未編集のオリジナル」を指定してダウンロードするとPNGファイルでダウンロードできます。
「互換性優先」を指定してダウンロードするか、いつものようにダウンロードアイコンをクリックしてダウンロードする場合はjpegファイルでダウンロードできます。
ただし「未編集のオリジナル」は文字通り「編集前のオリジナル」なので、編集して保存したスクショでも編集前のファイルがダウンロードされます。

iPhoneで撮った写真はHEIFという形式で保存されているので、どのダウンロードの仕方でもJPGファイルでダウンロードされます。

HEIF形式のファイルをJPGで保存できるようにする

HEIF形式とは「High Efficiency Image File」の略で「ヒーフ」と読みます。
複数の画像を1つにまとめて保存する形式なので、JPG等に比べて高画質、高圧縮率なので、容量の少ないスマホに適した形式です。

でもHEIF形式のままだと対応してないアプリでは使えないので、常にJPGで保存するようにするには、設定アプリから「カメラ」-「フォーマット」を選択し、「互換性優先」に変更します。

最新情報をチェックしよう!