星空に夢見た当時の子ども達、超高性能な望遠鏡で観察しませんか

あんなに宇宙に興味があったのに、望遠鏡で見れたのは月かせいぜい木星か土星までだったあの頃。
今は超高性能な天体望遠鏡が手に入る時代になりました。
秋の夜長から星が綺麗に見える冬にかけて、お子さんと一緒に夜空の観察をしたらきっと楽しい。

目次

高性能天体望遠鏡 SHARPSTAR 15028HNT 鏡筒

シャープスターの天体望遠鏡は、15cm F2.8 カーボン鏡筒の写真用ハイパーボリック・ニュートン式反射望遠鏡です。
主鏡に双曲面鏡、接眼部に3枚玉の補正レンズを組み込んだ口径150mm、焦点距離420mm、F2.8のアストロカメラです。

主鏡にはパイレックス相当の鏡材、鏡筒にはカーボンファイバーが用いられており、温度変化に対する安定性に優れます。副鏡とスパイダーは変形を最小限に留めるよう、鏡筒トップリングと一体成形されています。

接眼部は2.5インチラックアンドピニオン式マイクロフォーカサーを装備。撮影機材をしっかり支えつつ、微細なピント合わせが可能です。
フォーカサーは回転が可能で、撮影時の構図変更が容易に行えます。15028HNTのフォーカサー回転機構はストッパーがなく、フリクションで保持するタイプです。
補正レンズ後面から焦点面までは55mm。補正レンズ後端にはM48xP0.75のアダプターが付属します。
ドブテイルバーは底面径42mmの幅狭と72mmの幅広が付属。様々な架台に対応します。

※この商品はご自身で光軸調整ができる方におすすめいたします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる