車のヘッドライトが曇っても輝きを取り戻す方法と比較

車のポリカーボネート製ヘッドライトは経年劣化でどうしても黄ばみます。
でもこれは表面が劣化しているだけで、全体や裏側が曇ってる訳じゃないので比較的簡単に復活します。

ヘッドライトクリーナー

研磨剤で表面の黄ばみを磨いて除去する方法です。
比較的安価で購入できます。

これも良いです。

ヘッドライトスチーマー

専用溶剤をポットで加熱してその蒸気を曇った部分に当てる方法です。
こっちの方が高いけど、その分簡単です。

どっちが良いか

ヘッドライトスチーマーの方がパッと見は格段にキレイになります。
でも要はポリカーボネートを熱で溶かす方法なので均質にならないし、歪むし、脆くなるので最悪の場合は割れたりします。

研磨剤で磨く方法も、ポリカーボネートの肉厚を薄くする行為なので、やりすぎると脆くなるけど、加熱するわけじゃないのでまだ安全です。でも磨く労力が要ります。

別の方法

メラミンスポンジで磨く方法もあります。でもこれも研磨してるのと同じなので傷がついてしまいます。ヘッドライトクリーナーのようなちゃんとした研磨剤で磨く方がマシです。

あと重曹クリーナーで汚れを落とす方法もあります。
研磨するほどにはキレイにならないけど、黄ばみは落とせるし、何より安価なので、まずはこれから試してみるのも良いかもです。

最新情報をチェックしよう!