iPhone 削除されてないアプリがホーム画面にない・消えた・どこにある?・原因は?・復活方法は?

iOS14以降、アプリがホーム画面から消えた。インストールしたばかりなのにアプリがホーム画面に見つからない。App Storeを見ても「入手」ではなく「開く」なのでインストールされている筈。なんで?という事象が発生しています。

目次

原因は新設されたAppライブラリ

Appライブラリはホーム画面の一番右のさらに右に新設されました。これまでは「ホーム画面に全てのアプリがある」という考え方だったのが「Appライブラリに全てのアプリがある。ホーム画面にはよく使うアプリを配置する」という考え方に変わったようです。
ヘルスケアとか防災情報アプリとか、単にインストールしておけば良いアプリとか、滅多に使わないアプリとかをホーム画面で非表示にできるので、かなり便利な仕様変更だと思います。

非表示になったアプリの戻し方

ホーム画面で非表示になったアプリも、Appライブラリには必ずあります。見つからない場合は「Appライブラリ」と書いてある部分で検索することもできます。

復活させたいアプリが見つかったら長押しします。しばらくするとメニューが表示されますが、さらに長押ししていると、いつもホーム画面でアプリを移動させる時のような状態になるので、任意の位置に配置します。これでホーム画面にアプリを戻すことができます。

ホーム画面のアプリを非表示にする方法

アプリを長押しして、移動できる状態になったらアプリ左上の「-」をタップします。するとメニューが表示されますので「ホーム画面から取り除く」をタップします。

アプリを長押しして表示されるメニューで「Appを削除」をタップしても上と同じメニューが表示されます。

新規ダウンロードアプリをホーム画面に表示する設定

設定アプリで「ホーム画面」をタップします。

次の画面で「ホーム画面に追加」をタップしてチェックがついている状態にすると、新規インストールしたアプリはホーム画面に追加されます。この設定がデフォルトなので、設定変更しない限り、いままで通りの動作をします。

「Appライブラリのみ」にチェックがついている状態にすると、新規インストールしたアプリはホーム画面に追加されず、Appライブラリのみに追加されます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる