iPhoneを壊すWi-Fiの名前。今回は工場出荷時に戻す必要あり

以前にも、特定のSSIDのWi-Fiに接続すると、Wi-Fi機能が壊れるバグがありました。でも前回はネットワーク設定をやりなおせば回復したのに、今回は工場出荷時の状態に戻さないと復活しないのでかなり深刻なバグです。

バグるSSID名は「%p%s%s%s%s%n」と「%secretclub%power」

「%p%s%s%s%s%n」というSSIDのネットワークに接続すると、iPhoneのすべてのWi-Fi機能が無効となります。
「%secretclub%power」もダメなようです。
たぶん「%」付きの文字列を、変数かコマンドと勘違いして誤動作したか、単にテストコードが残ってたかあたりでしょう。

やってみないように

そういうSSIDのWi-Fiを作れば再現実験できますが、本当にハードリセットする必要があるので、やってみないように。そういうのが好きな人はご安全に。

最新情報をチェックしよう!