【Chrome】アドレスバーの検索エンジンがYahooに変わってしまう原因と解決方法

別に何も設定変更したつもりもないのに、いつの間にかChromeのアドレスバーの検索エンジンがYahooに勝手に変わることがあります。

Chromeの設定画面を見ると何やら文字化けしてます。

この設定を元の検索エンジンに戻すと以前の状態に戻ります。

でもいつの間にかまた同じような現象が再発します。

目次

問題の原因はマカフィーウェブアドバイザー

McAfee ウェブアドバイザーのセキュア サーチは、デフォルト(既定)の検索エンジンとしてYahooを推奨しているそうで、時々表示されるこの画面の「はい、ブラウザーの再起動後にセキュアサーチを有効にします。」のチェックがついたまま「完了」ボタンを押すと、Chromeの検索エンジンが勝手にYahooに変わってしまいます。

検索エンジンの名前が「繧サ繧ュ繝・繧「 繧オ繝シ繝・」と文字化けしてるのは文字コードを間違っているようで、文字化けする前は「セキュア サーチ」でした。本来は「Yahoo」と表示する筈の仕様がバグっているのでしょう。

解決方法

先の画面で「はい、ブラウザーの再起動後にセキュアサーチを有効にします。」のチェックを外して「完了」ボタンを押してください。
これで検索エンジンが変更されなくなります。
でもまた90日ごとにこの画面が表示されるので、次もまたチェックを外して「完了」にしてください。
画面表示が紛らわしいですが、チェックをオフにしてもセキュアサーチは有効のままのようです。

マカフィーのサポートページはこちら
マカフィー ウェブアドバイザーによって検索エンジンが変更される

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる