WordPress 5.8アップデートしても特に大きな問題はなさそう

2021/07/20、WordPress が 5.8アップデートされて以来、しばらく様子見してましたが、特に問題なさそうなのでアップデートすることにしました。

目次

ウィジェットがブロックエディタに対応

今回の最大の変更点がこれ。 ウィジェットがブロックエディタ 化されました。
これまでは 、ウィジェット の編集をしたらサイト表示に戻ってリロードして確認。というめんどくさい操作をしてましたが、 ウィジェット の編集画面でそのまま見えている感じなので編集・確認しやすくなりました。

編集画面はウィジェットエリアが並んでいるので、編集したいウィジェットエリアを開き、そこで編集します。

以前のウィジェットの方が良いという方は、Classic Widgets というプラグインをインストールして有効化するだけで、以前のウィジェットに戻ります。https://ja.wordpress.org/plugins/classic-widgets/

新ブロック追加

新ブロックが色々と追加されてます。高性能なテーマでは普通にあるような「投稿一覧」や「コメント一覧」、「固定ページ一覧」とかもあります。特にクエリーループブロックは「新着記事一覧」を表示してくれるブロックで、6種類の表示デザインから1つ選べます。

ページ構造をリストビューで表示・選択

記事のアウトラインがリストで表示しっぱなしにできるようになりました。
これで長文記事でもスクロールすることなく、目的の位置にジャンプできます。

画像にデュオトーンフィルター追加

画像を2色で着色することができるようになりました。

他にも

投稿テンプレートの編集、ブロック用おすすめパターン、IE11サポート終了、WebPサポート、などいろいろとあります。今後使い込んで便利な機能を発見したらまた記事にします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる