WordPress wp-config.php を変更したら接続不能!からの~修正

やってしまった・・・
別件の対応で、wp-config.php を修正する用事があったのでサーバーにアップロードしたらサイトが表示されない。管理画面のURLにアクセスしてもくるくるまわるだけで接続できない。
慌てて、wp-config.phpを元に戻しても接続不能。これはヤバい・・・

接続できない原因はデータベース接続エラー

接続できないならもう何もできない。XSERVERにお金を払ってバックアップからリストアしてもらうしかないか。と茫然自失の頭でぼんやり考えてたら、接続できなくてくるくる回ってただけの画面に「データベース接続確立エラー」との表示。

ここでハタと気づく。そうや、こないだMySQLからMariaDBに変更する案内が来てたので対応したんだった。さっきUPした wp-config.php は MySQLの時にバックアップしたファイルだから当然DB接続情報も変わってるはず。
でも MariaDBに変更後の wp-config.php は手元にない。やっぱり修正できないか・・・

修正したのはDBのホスト名

Xserverのサーバーパネルに何かええ機能はないかと探してたらあるではないか!バックアップ!
Xserver素晴らしい!

念のため昨日のデータを指定して、必要なのは wp-config.php だけなので、Web用設定ファイルを指定して取得

確認画面ももどかしく感じるほど焦ってたので早速取得開始。

無事取得完了したので、早速 wp-config.php をダウンロードして比較。
すると違いは1ヵ所だけ。

そう言えば Xserverのサーバーパネルの MySQL設定画面にホスト名が書いてあったなぁ。

修正完了

昨日の wp-config.php をアップロードするとすぐに復活!よかった~!
やらかした時は、心臓はドキドキ、頭から変な汗もでるしで死ぬかと思った。

教訓
wp-config.php なんか変わってない筈・・という思い込みはやっぱりダメですね。
サーバーのファイルを修正する時は、修正前のファイルを保存してから修正すべきです。
そんなこと当たり前なんですけどね。もう何回目の教訓だろう。慣れは恐ろしいです。

レンタルサーバーはXSERVERで決まり

レンタルサーバーは安定していてサーバー速度が速くてバックアップも取ってくれている XSERVER がイチ押しです。
しょっちゅう「ドメイン永久無料」や「初期費用0円」などのキャンペーンをやってるので、キャンペーン期間中に契約するとお得ですよ。

最新情報をチェックしよう!