Outlookのフォルダ名を日本語化、最小化時にアイコン化

Outlookのインストール時やバージョンアップ時に、「受信トレイ」が Inbox になったり、「下書き」が Draftsになったり、「送信済みアイテム」が Sent Items になることがあります。

修正方法はコマンド一発

Outlook を修正してから、「ファイル名を指定して実行」から「Outlook.exe /ResetFolderNames」を実行するだけで日本語に戻ります。

「ファイル名を指定して実行」は、スタートボタンを右クリックして「ファイル名を指定して実行(R)」を押すか、

[Windows]キー + [R]キーを押したら起動します。

最小化時にアイコン化する方法

Outlookを最小化したらアイコン化して常駐させる方法は、outlook起動中、アイコンを右クリックして「最小化時にアイコン化する(H)」をクリックするだけです。

「最小化時にアイコン化する(H)」にチェックがついていればOKです。

それにしても常駐ちゅうたら最初からアイコン化されていて、終了ボタンを押しても常駐しっぱなし。常駐解除して初めてアプリが動いていない状態になる。という動きにして欲しいのに、Outlookは長年の伝統か知らんけど、終了ボタン押したら終了してしまいます。これでは「最小化時にアイコン化」しかしてないわけで、常駐とは言えません。
Skype for Business や Teams はそういう動きしてくれるのになぁ。もう直すつもりないのかな。

Outlookの [閉じる] ボタンを無効にする方法

試してませんが、Outlookの [閉じる] ボタンを無効にする方法が書いてあるサイトを見つけたので紹介しておきます。
https://www.wingfield.gr.jp/archives/1777

最新情報をチェックしよう!